お宅のお子さん、お勉強されてます?2時間も?どうしてるんですか?

ついにGWに突入しました。皆さんいかがお過ごしでしょうか?
私は今の塾が色々と新しい方針を打ち出しているらしく、それが行えるのか聞かれている段階です。詳細は言えませんが、流行りにのっかる形です。リリースされたらその話も出来ると思います。

学校は国の方針に従ってGWがあけてから、授業を開始するのか否か決めるようですね。このまま収束の見込みがなければお休みを1か月延長もあり得るでしょう。

どうですか、皆さんお勉強されてますか?

私の担当生徒は、ネット授業というのにハマっているらしく勉強している生徒が多い印象です。してない子もいます。

全くしていない子と1日2時間勉強した子を比べると既に120時間ほど勉強時間の差がついていることになるので学力差が目に見えて現れるころです。
120時間って塾の授業コマ数にすると1コマ辺り1.5時間としても80コマ分、週に2コマ授業すると40週間分にあたります。約10か月ですよ。驚きだ!

家で「勉強する子」と「勉強しない子」の違い

今この現状で「勉強する子」と「勉強しない子」には明らかに違いがあります

普段から成績がいいか、悪いかだと思うかもしれませんが、全く違います。
少なくとも私の手元のデータではそういう相関は出ていません。

何が違うのか。

目標が明確かどうかです。
明確なのに勉強しないけど?っていう方は以前の記事をご覧ください。

勉強しない子の例

色々なタイプがありますが、新しい学校に進学する生徒は目標がはっきりしていないため、勉強しないケースが多いです。新中学1年生は特にその傾向が強いようです。
今までは学校のテストで悪い点数を取らないため、先生にこっぴどく怒られないようにするため、恥ずかしい思いをしないため、などを目標としながら勉強してきたのだと思います。

しかし、今はどうでしょう?

宿題を出されていないのだから勉強する必要がない。
勉強しなくても何も言われない。
幾らでも好きなことし放題。

勉強する意味が子どもにとって無いので、そりゃ勉強しないですよね。
待ち受けている嫌なことを避けるか、嬉しい楽しいことを実現させるか、どちらかでないと人は動きません。

ここに付け加えて一つ言わせてください。

あなたは「勉強しなさい」っていう資格ありますか?

資格とちょっと強めな言葉を使いました。何か基準があるわけではありませんが、これが無いと「勉強しなさい」って言っても誰も聞きません。

週末はどこも行けなくて暇だなー、何もすることないなーってボヤいてる方、特に必聴です。

「暇なら勉強すればいいじゃない」

「普段から勉強しないから何も思いつかないんじゃない?」

誰のセリフでしょう?
よくいる親御さんのセリフです。

この質問を子どもにオウム返しにされた時、自分に刺さる人。
今一度自分がこの質問をしている様子を子どもの視点で考えてみた方がいいです。

そして、刺さっている方は子どもと一緒に勉強しましょう
なんでもいいです、昔好きだった絵を描いてみようとか、この機会にプログラミングを勉強してみようとか、新しく楽器をやってみようとか、チャレンジをしてみましょう

1日の中に自分を成長させる何かを行う。子どもが見てる前で堂々とやっちゃってください。
大げさにリアクションしながらやってもいいかもしれません。
楽しそうにやるというよりは、積極的に目標へ近づこうとしている様子が外から見てわかる感じがいいと思います。

大抵「何してるの?」って聞いてきます。
この時、明確な目標をもって何かしているアピールをしてください。
今度の絵のコンクールで入選できるように練習してるのとか、楽しいホームページが作れるようにパソコンで勉強してるのとか、バイオリンで1曲通しで弾けるように練習してるのとか、自分が目指してるものを教えてあげてください。

何か頑張ってる姿を見ると必ず人間感化されます
これが「背中で語る」ってやつだと私は思います。

これらをしている中で、子どもに「勉強してる?」って聞いてみてください。
全然違う反応が返ってくると思います。

勉強している子の例

先ほど、普段の成績は関係ないと言いました。
本当は普段の成績がいい子は現状でも軒並み勉強してます。ただし、普段の成績が悪い子の中にも勉強している子が存在します

この生徒たちの共通点は目標が明確であることです。

まずは受験生、勉強をしていない子はほとんどいません。
○○の学校に合格したい、模試の結果でS判定とりたい、など目標がはっきりしています。

普段から成績のいい子、勉強をしていない子はほとんどいません。
現状の成績を維持するのがどれだけ大変か知ってます。次も同じ成績にするという目標がはっきりしてます。

普段の成績が悪い子、場合によって勉強をしています。

どんな場合か?

現状の成績をどうにかしないといけないと思っているかどうかです。

私の生徒で成績5段階中1を取るやつが居るのですが、その子はこの休み中に勉強をしています。
何故なのかは実際本人から聞いてみないとわかりませんが、休みに入る前の目標共有が効いていると自負しています。

どんなことを話したのか。

高校に進学する予定があるのならば、現状をどうにか打開しなければならない。

「成績に2があると推薦が受けられない」
そのためには、学校の定期考査で平均点以上を取る必要がある。
「少なくとも模試で偏差値50程度が欲しい」
そのためには、今まで学習した単元が抑えられている必要がある。

よって、このテキストを使って復習をして小テストで8割以上の正答率にもっていくことを日々の目標にしよう。出来るのであれば、幾らでもやって構わない。

みたいなことを話しました。
要するに、目標までの道のりを明確にしたわけです。

この生徒は既に高校にはどうしても進学したいという意思があったので、目標は立っていました。
しかし、何の計画もなしに休みを迎えただけでは、何をやればいいのか曖昧なままでした。
また、小テストを設けることにより自分の現状はどうなのか見えるようになります。この点数をあげることをモチベーションに頑張れているのだと思います。

今まで家で勉強する習慣すら無い子がいきなり勉強し始めるのは難しいです。
なぜなら、家で勉強をしたことがないのでどうすればいいのかわからないのです。
この状況に陥っている時に「勉強しなさい」というと喧嘩になります。気を付けましょう。

子どもが何をしていいか困っているようであれば、アドバイスしてあげてください。

アドバイスはいきなり具体的なことを言わない方がいいです。なぜそうしなければいけないか子どもが納得しないからです。
まずは目標までの道のりを区間ごとに分けて、その区間をさらに小分けにしていく感じで、子どもが何か思いつくまでバラバラにしてください。こんな事をするといいかもと思いついたら、そこから始めましょう。自分で言った事は絶対に守らせてください。

また、このアドバイスは学校の先生や塾の先生がプロフェッショナルです。どうしていいかわからない場合は電話してみるのもありです。

まとめ

勉強をさせたいのであれば、

目標を明確にすること。

何をすればいいのか具体的にすること。

目標に近づいている達成感を与えること。

以上です。

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

「将来、YouTuberになる!」を、否定するのはちょっと待って

あなたの夢は何ですか?なぜそう思うのですか?

小学校では定番の「あなたの将来の夢」というテーマで作文を書かされる課題、よく出題されますよね。
皆さんはこの作文になんと書いていましたか?

「スポーツ選手になりたい」

「ケーキ屋さんになりたい」

「お父さんのようなお医者になりたい」

etc…

よくある所を挙げてみました。
ちなみに私は「科学者になってノーベル賞を取りたい」と糞真面目に書いてました。

“「将来、YouTuberになる!」を、否定するのはちょっと待って” の続きを読む