小学生でも学べる、宇宙開発?Jaxaが新し教材を公開

先月の中ごろにJaxaの方から小学生のプログラミング教育が始まったことを受けて、新しい教材が公開されました。

「ロケット編」と「はやぶさ2編」とがあります。

http://edu.jaxa.jp/news/2020/i-0421.html
こちらからアクセスしてください。

プログラミングを実際に行うためにはScratchが必要です。
無料で利用できるので教材に沿って動かしてみてください。

中身がどのようになっているかは実際に見てほしいのですが、要約だけおいてお行きます。

ロケット編

ロケットというのは宇宙まで人工衛星などを運搬するための輸送手段である。
人工衛星は、普段の生活に密接に関係していて気象観測や電波送受信など重要な役割がある。

どのように打ち上げるのか、エンジンをどのタイミングで分離していくのかを考え、エンジン分離のプロセスをサンプルプログラムで遊ぶことでわかりやすく体験できます。

実際に自分でアレンジをすることを推奨していて、音が鳴ったり、カウントダウンを表示したり、ちょっとしたアレンジのサンプルも示されています。

はやぶさ2編

はやぶさ2が一体どのようなミッションをこなしているのか説明されている。

プログラムは、はやぶさ2がどのように「リュウグウ(隕石のこと)」へタッチダウンするのか実際の様子を踏まえて、姿勢の制御と正確な場所への移動を目標に進めます。

移動が複雑なので、やや手こずるかもしれません。
サンプルも教材に書いてあるので、どのような動きをしているのか確認しながら一つずつこなしていくといいと思います。

私の思うところ

プログラミング教育の意図を汲んだいい教材です。

宇宙開発に関連付けてプログラミングをさせるのが面白い試みですね。

はやぶさ2のイオンエンジンによる姿勢制御は、回転運動をどのようにコントロールするの非常に大事なのでこの先の技術や知識に繋がりを持てているのではないでしょうか。

ただし、教員がいないと成り立たない感じがあります。
この教材のみでは、どこかで詰まってしまいます。その補助が必要です。

また、せっかくHPで公開しているので深い知識への関連リンクをもっと埋め込んでもいいのではないかと感じました。

まぁ無料で配布されているものなので使えるところだけをおいしくいただきましょう。

この教材を使って勉強をする際は、ロケットの打ち上げの様子や宇宙望遠鏡の捉えた天体の様子など動画や写真をたくさん使って進めてください。
最近だとカッシーニが捉えた土星の様子なんか迫力があっておすすめです。

初代はやぶさに関しては映画化されるぐらい有名なミッションでしたね。
帰ってきた時は思わず涙ぐんちゃいました。

アマゾンプライムでいつでも見られるそうです。
まだご覧になってない方は是非。ほぼノンフィクションです。

以上です。

ここまでお付き合いいただきありがとうございます。

他の方にも共有しましょう!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください