学校が始まります。生徒さん、お子様、どんな様子ですか?メンタルブレイクに気を付けて!

皆様お久しぶりです。久しぶりの更新です。

何をしてたのかというと、授業の準備もそうなんですがテラリアver1.4がリリースされましてマルチプレイが楽しすぎて何も手につかなくなりました。

勉強とゲームが趣味みたいなものなんで、許してください。

本日はそれを蹴ってでもお伝えしたい内容となります。

今回はメンタル的な話をします。

学校がスタートすると「宿題提出」がある

まず、学校からは宿題が出題されていました。それらの提出からスタートです。

少なくともこれらをやって提出してもらいたいのが、大人の要望ではあります。

しかし、子どもからするとこの宿題は予習中心で自学自習が普段から身についていることが前提で出題されている、押し付けられたものである可能性が高いです。

全く勉強するモチベーションが無い子は多少怒られてもしょうがないです。
「出来ること」を言いつけ通りこなしていないので、現代の教育の観点からは指導が入る範囲です。

しかし、「取り組んでみたけれども一人で出来なかった」という子どもが一定数存在します。
この「挑戦してみたけど出来ない」ということを怒ってしまうのは、勉強に対するモチベーションを潰してしまう原因になります。

「勉強を一人で出来ないんだから、成績もこの程度で収まってしまってもしょうがない」という天井を自分で決めてしまうトリガーになってしまいます。

なので、「宿題が終わっていない」ことを一面的に捉えて怒らないようにしてください。

とはいえ、宿題が終わらない原因が怠けているのか頑張った結果なのか表層にはなかなか現れません。

これらを見極めるのは大人ではなく子ども自身にやらせましょう。

どうすればいいのか?簡単です。

B5の紙の上に、この休み中どのような取り組みをしていたのか書かせてください。

この取り組みについては何を書いてもかまいません。

例として、私の取り組みの一部を書きます。

・料理の勉強をした。20品ほどイタリア料理などが出来るようになった。
→新しい包丁を購入したのがモチベ維持に繋がった。食費がやや高い。食中酒買いすぎ。

・テラリアをした。40時間近くやっている。
→もっと効率よく進めたい。

・数学の問題を解いた。図形の難題を主にやった。
→関数形もやるべきだった。数Ⅲにあたる範囲の勘が鈍っている気がする。

・ブログを更新し続けた。
→頑張った。カテゴリ別でPVランキング一桁になったのはいい思い出。今後もクオリティを落とさない。

こんな感じでたくさん書きましょう。できるだけたくさんです。
紙が埋まるぐらい書けるなら、本当に色々な挑戦をしていたのだと褒めてあげてください。

これが長期休みの振り返りとなるわけですが、いきなり箇条書きで10個も20個も書ける人はいません。
なので、とりあえず何をしていたのか思い返してその行動を並べてください。

その行動は必ずそこに至った要因が存在します。それに対して振り返り「良かった点」と「反省点」を洗い出しましょう。

書けましたら、色ペンを使って「良かった点」と「反省点」を色分けしてください。

改めて上から下までじっくり眺めます。

こうすることで自分の怠惰からくる反省なのか見分けがつくようになります。

この中に「勉強について」が入っていなければ、書き足すように言ってください。

これでおしまいです。

面白いことをしていたら、会話のきっかけにしてもいいです。

反省点については、紙にかけている時点でどうにかしなければならない意識が存在しています。
「どうすればよいのか」が噛み合えば自然といい方向へ向かいますのであまり口出ししないで大丈夫です。

「こうしたほうがいい」というのは年の功であるとは思いますが、人からやれと言われた事は長続きしません。自分で考え実行して上手くいったときの達成感を味あわせることを意識してください。

私的な意見ですが、難題ほど解けた時の達成感は計り知れません。その機会を奪うことは何人も許されないのです。

学校がスタートすると「友達とのコミュニケーション」がある

休みの間もLINEやインスタなどのSNSで多少なりとも交流はあったかもしれません。

この限定的なコミュニケーションが友人関係を大きく変化させている可能性があります。

連絡はSNS上でしか出来ませんので致し方ないのですが、文字だけや声だけのコミュニケーションは慣れている人間でも「ニュアンスの取り違い」をしてしまうことがあります。

MSNメッセンジャー全盛期の頃、友人とチャットをした時にめちゃくちゃ怒って電話が家に来たことがありました。

その時は自分が書いている文面が意図したとおりに伝わっておらず、そのまま話し続けた結果勘違いが生まれて激昂されてしまった。という流れです。

電話してきてくれたので、ある程度誤解は解けてその後学校でもその話題に触れて笑い話に収まりました。

最近でも、LINEでのやりとりで普段でいう「弄り」のコミュニケーションが文面では「虐め」のようにとらえられてしまった。なんて話をどこかで聞きました。

普段から過剰な言葉で会話している場合それがそのままSNSに出ます。「過激な二文字」を書き込まないよう気を付けましょう。

SNS全盛期に生まれている子どもたちなので扱いには長けていると思いますが、「取り違い」を放置すると人間関係に亀裂が入ることがあります。

なので、休み中の話を出来るだけ友達と改めて共有することをお勧めします。

楽しかったこと、悲しかったこと、なんでもいいです。
他愛のないことから始めて、徐々に話を膨らませてください。

まとめ

大きな環境の変化に、誰しもがついていけていません。子どもも同様です。

宿題が出来ていない、コミュニケーションがうまくいっていない、など多くの悩みを抱えます。

それらの苦悩に気が付かず、さらなる苦痛を与えないようお願いします。

以上。

ここまでお付き合いいただきありがとうございます。

小学校の宿題は楽勝?やることが無くなってしまってお困りの時はこれ

学校はドリル、テキストなど課題を与えて家庭学習を促していると思うのですが、真面目にこなしている方はもうやる所がなくなってしまったのではないでしょうか?
そもそもある程度出来る生徒さんは学校の課題程度では解きごたえがないと思います。

いくら時間があってもやる気があっても、何もやれるものがなければ空回りしてしまいます。そんな時に役に立つのが学習参考書です。いくつかお薦めしたいものがありますのでご紹介します。

小学生へおすすめしたい参考書

参考書は新しいことを勉強するときに「なぜそうなるのか?」「この言葉の意味は?」というちょっとした疑問に答えてくれます。
学校の先生みたいな本ですね。ものによっては付随して雑学なども載っているので楽しく勉強できます。

?に答える!シリーズ

こちらは以前もご紹介しましたが、イラストや写真、文章などが小学生でも非常に読みやすいわかりやすい取っ付きやすい参考書になっています。
興味が出たページを一気に読んで、さらに詳しい事を知りたい!というきっかけになります。

?に答える小学生算数より

全4科目+αありますので、こちらの公式ページでご確認ください。参考書についてわかりやすい説明が載っています。

自由自在シリーズ

こちらは先ほどの?に答える!に比べるとやや硬い感じ。中学受験を目指している方に非常におすすめ出来る参考書です。
それぞれの問題に計算や解説が乗っているのは当たり前ですが、入試で出題されそうな問題をピックアップしています。少しではありますが、類題が載っているのでその単元が理解できたのか腕試しが出来るところがGOODです。

こちら、実は参考書と抱き合わせで問題集も出ています。基礎的なことも載っていますが、半分以上受験を見据えた内容となっています。解きごたえを求めるのなら是非一緒に購入してみるといいかもしれません。

自由自在算数より

耳より情報ですが、こちらの出版社増進堂さんは参考書、テキストなどを無料で見られる計らいをしてくれています。本で持っていたほうが便利なので購入をしたほうがいいですが、試しに見てみる分にはちょうどいいですね。
何やら5月10日まで登録をすると使えるようになるみたいなので、詳しくはこちらから。

自学自習を促すうえで注意

これらの参考書、買い与えたところで使ってくれなければ重たい枕にしかなりません。なので上手くきっかけを作りましょう

学校の宿題があっという間に終わってしまう生徒は大抵勉強を甘く見てます
こんなに簡単だから勉強なんて頭を捻らずとも出来る、同じことの繰り返しをやっていればよい、など思っているかもしれません。

なのでそこに取り入って、この休みで小学生の内容を全て先取りしてしまうことにしましょう。
その時にこの参考書を使わせればいいんです。

参考書には簡単なものから難しいもの(特殊算など)までいろいろ問題が載っています。
全て自力で解くためにはかなり時間がかかるはずです。

ただ難しいだけでは、やる気が無くなってしまいます。
なので、適宜問題集などの丸付けを保護者様が行ってあげてください
この時答えが合っているか間違っているかよりもノートに書かれている答えまでどのようにたどり着いたのか尋ねてください

上手く説明出来て、かつ答えが合っていればパーフェクト。「はなまる」をあげましょう。

説明はよいが、答えが合っていないときは一度解きなおしをしてもらいましょう。自分でおかしい所を発見できるかもしれません。なかなか合わない場合は改めて参考書を一緒に読んであげると正解にグッと近づけます。

答えの正誤に関わらず説明が上手く出来ない場合は、何が起きてその答えまで行きついたのか少しずつ逆にたどってください。自分が一体何をしていたのか頭の中を整理させて改めてどのように解いたのか説明させましょう。

当たり前ですが、ネガティブな言葉はNGです。何かできるたびに褒めるぐらいの気持ちでいてください。

これらをたまに挟むことで、問題が出来ている実感が確かなものになります。
上手くいっている単元は是非テストと称して問題集からテキトウに抜粋して解かせてみてください。
よく出来ていれば成功体験に繋がります

これらを解くことで、中学受験に興味を持ったりすることもあるかもしれません。
その時は、首都圏模試を調べてみてください。

いわゆる中学受験に向けた模試を提供している会社です。
一番一般的な模試だと思います。
過去問も出版されていますので、取り寄せて実際行われているタイムテーブル通りお家でテストしてみるのも面白いかもしれません。

このお休みを新たな挑戦への足掛かりとしてください。

ここまでお付き合いいただきありがとうございます。

想定外の長期休暇、暇をもてあそんでいる場合じゃない

子供の安全を考えて、長期の休校をとっている学校が増えてまいりました。既に1カ月ほど学校での授業を実施していない状態が続いているのではないかと思います。
思いがけない長期休暇を手に入れてしまった生徒たちなわけですが、私の見ている限り、すでにとんでもないことが起きているようです。

先日授業前の雑談でこんな話をしました。

生徒「長い休みをもらっても外に出られないからつまらない」

はやなり「学校からたくさん宿題出されてるんじゃないの?」

生徒「学校に登校できないからそんなものもらってない」

授業中の会話(一部抜粋&編集)

え??

学校から進めるべき宿題を与えられていない?
これは非常に由々しき問題です。
年度初め、新しい教科書すらまともに届いていない状況で、自習については何も指示なし。

主体的に学習を進められる生徒さんは問題ないと思いますが、そうでない生徒のほうが圧倒的多数です。
下手をすると、1カ月間勉強をしていなかった子供と、塾などに通って(もしくは課題を与えられて)自主的に勉強を進めていた子供が出来上がっていることになります。

簡単に見積もると、1日2時間の勉強時間を作っている子供との勉強時間の差は、

30日×2時間=60時間

もちろん、勉強の質というのは時間で測ることはできませんが、現状これだけの差が付き始めています。

4月に入り、地域によっては、5月の頭まで休校にする判断をしている学校もあります。この事実に気が付かないまま休みを過ごしてしまうと、この差を埋めるための「地獄の夏期講習」が始ってしまいます。

勉強をしなさいと言っても、どうせ、うちの子はやらない。
何も与えられてないのに何を勉強すればいいのかわからない。

そんな声が聞こえてきそうなので、次回はその話をしたいと思います。